Facebook Twitter
medwanted.com

The New Medicine: 医療におけるテクノロジーへの依存度の高まり

投稿日: 4月 5, 2024、投稿者: Dennis Gage

テレビでERやその他のペースの速い医療ドラマを見た人は誰でも、挿管チューブからIV、複雑な診断装置まで、あらゆる種類の医療機器を巧みに操作しているのを見てきました。 医学は、主に技術の進歩のために、大規模な変化を見てきました。 | - |

診断に大きな効果をもたらす1つの医療機器は、内視鏡である可能性があります。 細い、柔軟なチューブが、優れた光学系を備えたデジタルカメラアセンブリを備えており、患者の体に挿入され、多くの臓器の画像を医師に供給し、非常に正確な診断を可能にします。 現在、40歳以上の人々のために身体検査全体で日常的に使用されており、1つのデバイスが結腸だけで多数の前癌および初期段階の癌状態をキャッチし、毎年多数の命を救っています。 他の進歩は、飲み込まれる可能性のあるカメラを追加し、消化管が実際にあなたの体から排除され、回収される前に消化管をキャプチャします。 | - |

レーザーは、手術室や、場合によっては医師のオフィスで、自分のツールに登場する別のツールです。 眼科医は、患者の目でレーザー手術を行うことができ、目の状態が増え、完璧な視覚を持つ人数が増えています。 さらに、レーザー手術は糖尿病性網膜症の損傷を制限するために使用されているため、少なくとも影響を受ける患者の視力の一部を節約します。 レーザーはすでに膝の手術と脳手術の実行に使用されています。 後者では、レーザーは病気の脳組織を破壊し、健康な組織への害を最小限に抑えることができます。 化粧品または形成外科医は現在、従来の手術よりも速く、侵襲性が低いいくつかの化粧品処置にレーザーを採用しています。 | - |

医療分野に参入したもう1つの新しいテクノロジーはロボット工学です。 メカニカルデバイスはすでに作成されており、一部は自分で動作し、他のデバイスはフットペダルの使用によって動作し、さらに他のデバイスは電子的に動作し、非常に小さく正確な動きを可能にします。 脳に適用されるレーザーには、内視鏡ユニットと同様に、頻繁にロボットコンポーネントがあります。 | - |

別の医学的進歩は、イラクとアフガニスタンから負傷した兵士が戻ってきたことで国民の注目を集めており、その多くは腕や脚の切断を必要とする負傷者です。 補綴デバイスはますますハイテクで高機能になっているため、退役軍人は自然な動きを増やし、機械的な腕と手を使用してオブジェクトを持ち上げて操作することで歩くことができます。 | - |

これらすべての進歩と同じくらい驚くべきことに、あなたはさらに先に見つけることができます。 研究者は実際に、誰かの脳と対話する可能性のあるある種のコンピュータープログラムに取り組んでおり、個人が思考の力であるタイプのコンピューター画面でカーサーを動かすことができます。 驚くべきことだけで、この新しい技術開発が、たとえば、PACマンが市場のビデオゲームと比較されたのとまったく同じ段階に達するかどうかを考えてください。 明日の医療開発は、私たちに治療をもたらすかもしれません。 | - |