Facebook Twitter
medwanted.com

電子カルテのメリット

投稿日: 8月 27, 2022、投稿者: Dennis Gage

電子医療記録は、実際には患者履歴、医療転写メモ、請求情報、および患者全体のプロファイル全体を持つために不可欠なすべての情報の安全な電子ファイルです。 電子医療記録が、より大きなレベルの情報がはるかに優れたデータベースインフラストラクチャを必要とするより速いペースの情報年齢を示していることは本当に事実ですが、医療会社と買い手の両方にさらに利点があります。 この情報記事は、実践と患者の両方が認識しなければならない電気医療記録に関する10の素晴らしいことを強調しています。

speed

は、はじめに言及されているように、21世紀のビジネスエンタープライズの世界はペースが速いです。 まだ医療行為でさえ、特に情報を管理する場合、速度は競争する能力に等しくなります。 これが、電気医療記録システム(EMR)がほとんどの医療慣行で使用できる理由です。 さらに、簡単な電子医療記録システムでは、トラブルシューティングにコミットする時間が少なくなり、患者の世話に追加の時間を投資できるようになります。

ストレージ

電子医療記録は、従来のシステムよりもはるかに多くの情報を運ぶ能力を備えた情報の電子データベースです。 電気医療記録システムは、複数のオフィスからのレコードを複数の形式のレコードとともに管理できます。

security

電子医療記録システムは、緊急事態が発生した場合にバックアップファイルでレコードを保護します。 さらに、認定ユーザーのみがアクセスできます。 この二重セキュリティシステムは、実際には記録的なウイルスの「予防医療」です。

support

実践と患者の両方は、電子医療記録ソフトウェアを通じて提供される医療請求スペシャリストからカスタマーケアにアクセスできます。 電子医療記録ソフトウェアは、サポートに加えて、ICD.9、HIPAA、HCFA 1500、最新のCPTコードブックなど、医療コードの使用を提供します。

アクセシビリティ

最新の電子医療記録テクノロジーを使用すると、情報をPDAまたはPalmデバイスに直接ダウンロードできます。 PDAアクセスに加えて、認定された個人は、あらゆる場所からオンラインで電気医療記録にアクセスできます。

Alfordability

これは、おそらく最新の電子医療記録技術の中で最も魅力的なエリアになる可能性があります。 すべてのビジネスは、時間を節約するテクノロジーを採用している間、本当に少ない費用を費やしたいと考えています。 電子医療記録ソフトウェアはオンラインテクノロジーを使用しているため、多くの作成コストとオーバーヘッドが排除され、毎月の使用料が削減されます。

Infrastructure

電子医療記録技術の金銭的節約の性質の一部は、ITインフラストラクチャの排除と複数のデータベースの合理化である可能性があります。 インフラストラクチャは、複数のオフィスであっても、1つのオンラインデータベースに簡素化されます。

versatility

以前は、電子医療記録ソフトウェアを使用して複数のオフィス管理について言及しましたが、ソフトウェアには注意を払う以上のものがあります。 電子医療記録ソフトウェアは、医療転写石鹸メモと医療コードを保存します。 複数のユーザーが許可されます。 さらに、ユーザーを個人およびオンラインのサポートソースに接続します。

Efficiency

電気医療記録を持つことの利点についての議論の中で、ほぼ完全な円を描くことができました。 しかし、効率は速度とまったく同じではありません。 効率性は、医療記録と医療室管理に関係するすべての義務を、お金と時間で割っています。 電子医療記録ソフトウェアは、分子を上げて分母を減らすことができます。 企業はしばしば下の行について尋ねます。 まあ、数学はすべてを言います。

manageability

電気医療記録についての素晴らしいことは素晴らしい音かもしれませんが、尋ねるもう1つの質問があります。 新しいテクノロジーを採用するとき、マスターは馬ではなく、サドルに乗らなければならないことを理解してください。 一部のテクノロジーには、ビジネスオーナーが別の方法ではなく、真新しいテクノロジーによって利用されていることを心配することができる非常に注意が必要です。 電子医療記録ソフトウェアは、企業で機能します。